5分で完了!PayPalに登録、アカウントの取得と初期設定の方法を徹底解説!【解説動画付き】

 

こんにちは!福山です!

 

以前の記事でHub Trafficの登録方法を解説しましたが、

海外のサイトで支払い方法が少し特殊だとお伝えしました。

振込先を普通の銀行口座では登録できず、PayPal(ペイパル)のアカウントが必要です。

 

そこで、今回の記事ではHub Trafficの登録に必要な

PayPal(ペイパル)アカウントの作成方法を解説したいと思います!

 

PayPal(ペイパル)ってそもそも何?

 

PayPalは世界2億人以上が利用している、無料のオンライン決済サービスの事です。

このサービスを利用すれば、インターネット上での個人間での決済も簡単に行うことが出来ます。

 

特に、ネットビジネスでは、教材コンサルなどオンラインでのお金のやり取りが多いので、PayPalアカウントは必須でしょう。

特にメリットなのが、支払いをクレジットカードで行えるという点です。

どうしてもネット教材は高額なものも存在しますので、

その時に支払い方法が銀行振り込みしかない場合、少し厳しいですよね(-_-;)

 

でもこのPayPalのサービスを使用すれば、

PayPalを介してクレジットカードでの支払い方法を追加することが出来ます。

 

さらに今回のように、世界で利用しているサービスなので、

海外のサイトでドル支払いでも、日本円に変更して自分の銀行に振り込みが可能になります。

とにかくとても便利なので、とりあえず1つはアカウントを作成しておくことをオススメします。

 

PayPal(ペイパル)でビジネスアカウントを作成する方法

 

解説動画はコチラ

YouTubeで動画削除されている場合はこちら
https://yahoo.jp/box/tNuBab
※リンク先の左上「ダウンロード」のボタンを押せば動画を再生できます。

図解はコチラ

1.PayPalの公式サイトへ

 

まずはPayPalの公式サイトに移動しましょう。

PayPalの公式サイトはこちら

 

画面が切り替わったら、「新規登録はこちら」をクリック

 

2. ビジネスアカウントを選択

 

今回登録するのは個人用アカウントではなく、

ビジネスアカウントなので、チェックを入れて「続行」をクリック

 

3. ログイン情報の入力

 

ログインに必要な、メールアドレスとパスワードを入力します。

  

 

4. 個人情報の入力

 

つぎは個人情報の入力をしていきます。

後で本人確認も必要なので、本当の個人情報を入力しましょう。

 

入力項目

・姓 ⇒ あなたの苗字

・名 ⇒ あなたのお名前

・国籍 ⇒ 日本を選択

・生年月日 ⇒ あなたの生年月日を入力

・郵便番号 ⇒ 本人確認用の書類が届くのでご自宅の郵便番号を入力

・住所 ⇒ 都道府県、市町村、番地等を入力

・会社代表番号 ⇒ 携帯番号でOK

・事業者名 ⇒ 屋号があれば屋号でなければ個人名でOK

入力が終わったら「同意して続行」をクリック

 

5. 事業情報の入力

 

ここは適当でいいのですが、アフィリエイターならこのような設定でいいでしょう。

入力項目

・事業タイプ ⇒ 個人事業主を選択

・事業カテゴリ ⇒ コンピュータ・アクセサリ・サービスを選択

・事業サブカテゴリ ⇒ eコマースサービス

・事業用のURL ⇒ そのままでOK(入力不要)

・会社の設立日 ⇒ そのままでOK(入力不要)

・事業者名 ⇒ ローマ字で屋号やあなたの個人名を入力

入力が終われば「続行」をクリックします。

 

 

初期設定方法

 

ペイパルのトップページに移動しますので、初期設定を行います。

 

本人確認手続き

 

赤枠で囲っている「本人確認手続きの残りのステップを完了しましょう」をクリック

 

1. アカウント管理者情報

 

アカウント管理者情報の入力をします。

姓、名、生年月日は入力されているので、「職業」「自宅住所」を選択して、「続行」をクリック

 

2. 本人確認書類

 

本人確認書類の提出を行います。

今回は分かりやすく「運転免許証」を選択し、裏表をスマホで撮影してアップロードしました。

 

3. 使用目的

 

使用目的を選択します。

「商品・サービスへの支払いの受け取り(海外)」を選択

 

次の画面の黄色のマーカーをしている文章を見て頂きたいのですが、

「書類審査後、転送不要書留郵便にて暗証番号をお送りいたします。

暗証番号を入力すると本人確認手続きが終了します。」と記載しています。

 

1、2週間したらPayPalから郵便が届きます。

 

記載されている5桁の暗証番号をPayPalの画面で入力します。

 

確認が正常に完了しましたら、下記のような画面になり、

法人の確認が完了しました。というメールが届きます。

これで、本人確認の手続きは終了です。

続いてメールアドレスの確認です。

 

メールアドレスの確認

 

アカウント作成の時に入力したメールアドレスにPayPalよりメールが届いています。

「はい、これは私のメールアドレスです。」をクリックしてメールアドレスを確認しておきましょう。

 

銀行口座を登録する

 

続いて振込先の銀行口座を設定します。

 

空欄に必要事項の記入を行いましょう。

 

口座の内容に問題なければ「保存」をクリック

 

Hub Trafficからの支払い先は?

 

Hub Trafficは月に一度クリック報酬を集計した金額をアメリカドルでPayPalに振り込んできます。

「MG Freesites Limited 」という会社から振り込みされます。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

特に難しい作業ではなかったと思います。

本人確認書類が届くまで時間がかかってしまうので、

アカウントの作成が出来たら、すぐにこちらの記事を参考にHub Trafficに登録しましょう!

5分で完了!HUB Trafficの登録方法を図解で徹底解説!【解説動画付き】

2018.08.25

 

福山

以上で今日の内容は終わります。

解説も見てもわからない場合、他に聞きたいことや、質問などがありましたらなんでもお気軽にご相談くださいね。

コチラから福山に相談できます。

 

こちらのLINEからでも個別でのやり取りができますので、ご質問やご相談があれば気楽にご連絡ください。

今なら友達申請していただけると、期間限定プレゼントをもらうことができます。

詳細はコチラ

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

初めての方に読んでほしいオススメ記事