【3分で完了!】GoogleアナリティクスとGoogle Search Console(サーチコンソール)を連携する方法

 

こんにちは!福山です。

 

今回は、前回の記事で登録したGoogle Search Console(サーチコンソール)

Googleアナリティクス連携させて、

サイト改善のための分析をより簡単にする方法を解説したいと思います。

まだ登録していないという方はこちらを参考にしてくださいね。

【必須ツール!】「Google Search Console」の登録と導入方法を図解と動画で徹底解説!

2018.08.11

Google Analytics(グーグルアナリティクス)の登録と設定方法を図解と動画で徹底解説!

2018.08.09

 

それぞれのツール単体でもかなり便利なのですが、

連携させることで、Googleアナリティクス側でサーチコンソールのレポートを見ることができるようになります。

 

GoogleアナリティクスとGoogle Search Console(サーチコンソール)を連携させる方法

 

では、早速2つのツールを連携させる方法を解説していきたいと思います。

作業はとても簡単で、手順どおりに作業して頂ければ、たった3分でできてしまいます。

 

解説動画はコチラ

YouTubeで動画削除されている場合はこちら
https://yahoo.jp/box/9libAD
※リンク先の左上「ダウンロード」のボタンを押せば動画を再生できます。

図解はコチラ

1. Googleアナリティクスにログイン

 

まずはGoogleアナリティクスの公式サイトからログインします。

Googleアナリティクスの公式サイトはこちら

 

2. 「検索クエリ」をクリック

 

「集客」⇒「SearchConsole」⇒「検索クエリ」の順番でクリック

 

3. 「SearchConsoleのデータ共有を設定」をクリック

 

画面が切り替わると「このレポートを使用するには

SearchConsoleの統合を有効にする必要があります。」と表示されますので、

「SearchConsoleのデータ共有を設定」をクリック

4. 「SearchConsoleを調整」をクリック

 

プロパティ設定という画面に移動しますので、

下にスクロールをしていくと、「SearchConsoleを調整」というボタンが表示されますので、そちらをクリック

 

5. GoogleアナリティクスでSearchConsoleのデータを使用するを許可

 

画面が切り替わったら、「追加」をクリック

 

GoogleアナリティクスでSearchConsoleのデータを使用するという画面に

切り替わりますので、自分のサイトのURLにチェックを入れて「保存」をクリック

関連付けの追加も「OK」をクリック

6. 設定を保存

 

再度、アナリティクスの画面のSearchConsoleの設定に戻り、「完了」をクリック

さらに、画面を戻り下の「保存」をクリック

以上でGoogleアナリティクスのとsearchconsoleの連携は終了です。

これでアナリティクスの画面からでもSearchConsoleのレポートを見ることができるようになりました。

 

GoogleアナリティクスでSearchConsoleのレポートを見る方法

 

Googleアナリティクスの画面に戻り、「集客」⇒「SearchConsole」をクリックして、

グラフが表示されていれば連携ができている状態です。

連携が終わったばかりでは、まだデータが蓄積されていない状態ですが、

実際に運営を始めていくと解析結果が表示されるようになります。

 

検索クエリ

「集客」⇒「SearchConsole」⇒「検索クエリ」とクリックします。

すると右側にグラフとユーザーがどのようなキーワードで検索してあなたのサイトに訪れたのかが分かります。

・クリック数

・表示回数

・クリック率

・平均掲載順位

がそれぞれ表示され、狙ったキーワードでクリックされているか?

もし狙ったワードでクリック率が低い場合は、サイトとユーザーのニーズがマッチしていない可能性があり、

クリック率が高いワードがユーザーがあなたのサイトに求めているニーズという事になります。

 

 

ランディングページ

「集客」⇒「SearchConsole」⇒「ランディングページ」とクリックします。

これはページごとに検索されてユーザーが訪れるまでに関するデータが表示されます。

国、デバイス

「集客」⇒「SearchConsole」⇒「国」あるいは、

「集客」⇒「SearchConsole」⇒「デバイス」とクリックします。

訪れたユーザーはどこの国からアクセスされることが多いのか?

PC、スマホどちらからのアクセスが多いのか?が分かります。

デバイスの検索流入を確認しておけば、サイトの構成もアクセスが多いデバイスに合わせる改善も可能になるでしょう。

まとめ

 

Googleアナリティクス、SearchConsoleともに無料で使える解析ツールの中ではかなり便利な機能が沢山あります。

連携することでレポートが見やすくなりますので、

今回の記事を参考に作業をしてみてください。

 

連携作業も完了したら、次はアクセストレードサイトの「エロタレスト」に登録をしましょう。

⇓  ⇓  ⇓

エロタレストの登録方法を徹底解説【2019年版】

2018.08.21

 

福山

以上で今日の内容は終わります。

解説も見てもわからない場合、他に聞きたいことや、質問などがありましたらなんでもお気軽にご相談くださいね。

コチラから福山に相談できます。

 

こちらのLINEからでも個別でのやり取りができますので、ご質問やご相談があれば気楽にご連絡ください。

今なら友達申請していただけると、期間限定で12大特典を受け取ることができます。

詳細はコチラ

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

初めての方に読んでほしいオススメ記事